オタクのシンプルライフ

オタクなりのシンプルライフを見つけたい

グッズ収納

Twitterでご質問いただきました。

 

Q.CD、DVD以外のかさばるグッズはすっきり見せるというようなことが難しいと感じています。手に入れにくいグッズも使わないものとして処分されたのでしょうか?

 

(内容は省略、要約させていただいております)

 

A.ファンをしている方のものを買う時は、出演作のCD、DVDの購入が一番『次に繋がる』と考えています。

グッズはあまり購入しないので、使わないものもほとんどなく、特に処分はしていないですね。

 

と答えられるのが理想なのですが、一度大きな処分をしています。

実家の引越しに加え、自分自身が長距離の引越しをしなくてはいけなかったので、それを機にマンガや細々したグッズをほとんど手放しました。

さらに、グッズではないのですが日用品を運ぶ際、ロストバゲージして、気に入っていたものを失ってしまいました。

大した量ではなかったと記憶していますが、上記の2つは物を減らすきっかけになった出来事でした。

 

今は少しずつ増えている状態です。

それをどこに仕舞っているのか、6月末のクローゼットで見てみましょう。

f:id:tamura54:20170705081853j:plain

写真右上のバッグ、右下の赤い箱の後ろにあります。

 

まずバッグの中はこちら。

f:id:tamura54:20170705081916j:plain

f:id:tamura54:20170705081947j:plain

キンブレ、Tシャツ、タオル、オペラグラス、ポシェット、パスケース、ボールペン、チケットファイル、替えの電池をバッグの中に入れて保存しています。

 

みなさん、物は違えど似たようなグッズを一つはお持ちのはず。

これらのグッズはかさばるものも多く、すっきり見せるのが難しいです。

さらに、公演毎に購入されている方はどんどん増えてしまうものですよね。

 

私は種類ごとではなく、使うものを選定してひとまとめにしています。

理由は2つ。

1つ目はイベントに行く時のグッズをまとめておくと、出かける前にここをチェックすれば忘れ物も防げて便利だということ。

2つ目はこれ以上増やさないようにすること。

物販でTシャツやタオルが欲しくなったときはここを思い出すようにしています。

ここに入れているものより魅力的か、古いもののアップデートになりうるか。

でなければ使わないので購入は見送る。

そうやって検討することで、これ以上増えないよう気を付けています。

 

そして、アップデートと選抜から漏れたものたち…

f:id:tamura54:20170705082248j:plain

タオル、Tシャツ、パーカーですね。

パジャマだったり、部屋着に使っています。

これは普通に衣類などの収納と一緒です。

 

上のバッグに限らず、基本的にグッズは何かに仕舞っています。

目に見える情報量が多いとごちゃごちゃしてしまうので、まとめる、揃える、人目からは見えなくするというのがスッキリするコツです。

 

あとはざっと紹介します。

そして赤い箱の裏側にあるのは、緑の箱と無印のソフト収納ボックス。

f:id:tamura54:20170705082015j:plain

 

箱には缶バッジやラバスト、チケットホルダーなど細々したグッズを入れています。

f:id:tamura54:20170705082137j:plain

使わないグッズ、記念に買ったものやいただいたものが入っています。

 

ソフトボックスにはDVDの空ケース、フィギュアのボックス、付録で付いてきたものなどが入っています。

f:id:tamura54:20170705082205j:plain

デジパック、飾っていないフィギュアを含め、ここで収まるようにしています。

一番かさばっているのはやっぱりこれらですね。

 

あと冬物のひざ掛けのみ紹介していませんが、季節外なのでスーツケースに仕舞っています。

 

以上でうちにあるグッズは全てです。

 

グッズは『そこを逃すと今後買えないかもしれない』入手が難しい物ばかり。

だからこそつい買ってしまい、物があふれる…とお悩みの方は多いはず。

 

既に持っているものは仕方がない。

気に入っているし、大事なものを無理やり断捨離しなくてもよいと思います。

だから、私は買う時にセーブするしかないと考えています。

 

私は自分なりの基準を作ってセーブ(とは思っていませんが、そこにお金を使うなら別のものを購入)しています。

『普通に使えるものか』『記念として持っていたいものか』『買わないことを後悔しないか』『どこに還元されるか』、買う時にそれぞれに言い訳をするものなら、私には縁がないものと割り切る。

ストレスにならない程度に、楽しく購入するオタクライフを送りましょう!